Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハケンの品格第三話あらすじ

ハケンの品格第三話あらすじは。
国産マグロに関するプロジェクトが、水産部と合同で立ち上がる事になり、マーケティング課も協力することになったので、東海林たち営業が、販売を請け負うことになる。

デパートの一角で、ブームのマグロ解体ショーを小笠原の提案で行うことに決定した。腕のいい解体師を探すが、ブームの折なかなか探し出す事が出来ない。そんな折、ハケンのおしゃれ派閥に入った美雪が合コン会場で、1年で500本ものマグロを売りさばくという“マグロの神様”のツネさんを偶然見つけた。

美雪の連絡で東海林、賢介は直談判に急行し、東海林の巧みな口説きで、1日だけ空いていた土曜日のスケジュールをもらうことに成功した。打合せに出向いた東海林に緑川は、よくぞあの人気者を獲得したと上機嫌になる。当日は本部から視察がやって来る。
スポンサーサイト

Appendix

フリーエリア

楽天市場であなたの欲しいものが必ず手に入ります。

Extra

最近の記事

オンラインショピング

楽しくなる携帯ストラップ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。