Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バベル」での菊地凛子の大胆演技が話題

ブラッド・ピット主演の映画「バベル」での菊地凛子の大胆演技が話題になっている。菊地凛子は、ハリウッドデビューして、日本人女優として35年ぶりにゴールデングローブ賞にノミネートされた。その「バベル」での菊地凛子の大胆なヌードが今話題になっている.
今週日本でも「バベル」の完成披露試写会が行われ,試写会を見た映画関係者が内容の一部を興奮気味に語った。
「菊地凛子がノーパンの超ミニスカートで男を挑発するシーンは生唾モノです。菊地凛子が男に見せつけるようにゆっくりと脚を広げると、黒々とした長めのヘアがあらわになる。『氷の微笑』以来の衝撃映像ですよ。これがモザイクなしでスクリーンに大写しになるんですから、ド肝を抜かれました。一糸まとわぬ姿になって刑事を誘惑するシーンもあります。菊地凛子は、スレンダー体形のわりにバストは豊か。刑事にもみしだかれて、柔らかそうに揺れていました。」

日本での「バベル」の上映は、ゴールデンウイークからです。
スポンサーサイト

どろろの初日舞台あいさつ、妻夫木聡と柴咲コウがそろって登場

交際が伝えられる俳優、妻夫木聡と女優、柴咲コウがW主演する映画「どろろ」(塩田明彦監督)の初日舞台あいさつが27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。舞台あいさつには、ラブラブムードの中で2人がそろって登場した。
「どろろ」は、漫画家、故手塚治虫さんの原作で、手塚治虫さんの名作漫画を初めて実写化したものです。すでに米国、欧州など世界23カ国での公開が、日本公開前から決まっている。世界注目の映画です。

硫黄島からの手紙が79回アカデミー賞の作品賞候補入り

米国映画界最大のお祭りである第79回アカデミー賞の候補が日本時間23日に発表され、渡辺謙(47)が主演した「硫黄島からの手紙」が作品賞候補入りした。「硫黄島からの手紙」は硫黄島二部作の一つでアメリカ製作だが、全編日本語の映画が作品賞にノミネートされるのは今回が初めてである。滞在先のロサンゼルスで知らせを受けた渡辺謙は、「この作品をすばらしいスタッフたちと一緒に作ることができて本当に幸せです。この映画の価値を外国でも理解されたことをうれしく思っています。」と語った。

Appendix

フリーエリア

楽天市場であなたの欲しいものが必ず手に入ります。

Extra

最近の記事

オンラインショピング

楽しくなる携帯ストラップ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。